「女性の動脈硬化性疾患発症予防のための管理指針 2013年版」発刊のご案内

この度「女性の動脈硬化性疾患発症予防のための管理指針 2013年版」が平成25年12月に発行されました。日本動脈硬化学会の『動脈硬化性疾患発症予防のための管理指針2012年版』に準拠し、産婦人科医が日常診療の中で動脈硬化性疾患の一次予防にどう関わるかの指針であり、疫学や女性の冠動脈疾患リスク因子、閉経と脂質代謝、脂質異常症の検査・管理方法と治療も解説しております。女性医学の分野で学びかつ実践する方々にとって有用な書となりますことを期待しております。
一般社団法人日本女性医学学会
理 事 長   水沼 英樹

女性の動脈硬化性疾患発症予防のための管理指針 2013年版
A4判,本文34頁 定価 2,000円+税
ISBN:978-4-89801-469-1
<購入方法>
①最寄りの書店にご注文(在庫等により日数がかかる場合があります)
②出版社に直接注文(HPに書籍申込書があります)
株式会社ライフ・サイエンスのHP
③インターネットによるご注文(Amazonなど)

【主な内容】
1:冠動脈疾患の疫学
2:冠動脈疾患リスク因子の特徴
3:冠動脈疾患リスク因子の経年的変化
 脂質異常症/高血圧/糖尿病(耐糖能異常を含む)/メタボリックシンドローム/喫煙/CKD
4:脂質異常症と冠動脈疾患
5:閉経前女性の脂質異常症
6:周閉経期~閉経後女性の脂質代謝特性
7:脂質異常症の検査・管理方法

 脂質検査の方法/脂質異常症の診断基準/脂質異常症の管理基準とリスク区分別脂質管理目標
 /閉経前脂質異常症の管理/周閉経期~閉経後脂質異常症の管理
8:脂質異常症の治療
 生活習慣の改善/薬物療法
【付】脂質異常症治療薬一覧表/臨床検査地などの基準