日本女性医学学会は更年期障害から老年期の医学的諸問題まで思春期も含め女性の一生を通じ研究する医療従事者の団体です。

Powered by Google
HOMEEnglish会員ページサイトマップリンク
理事長ご挨拶 学会概要 活動状況 専門医・専門資格制度 学会雑誌・刊行物 入会のご案内



World Menpause Day(世界メノポーズデー)


2012年はこちら
2011年の紹介
2010年はこちら 2009年はこちら
2008年はこちら 2007年はこちら

2011年 メノポーズ週間活動について


  2010年 メノポーズ週間活動のご案内

世界メノポーズ※デーは、‘21世紀を目前に高齢化社会の到来を受け、今後更年期の健康に関わる情報を全世界へ提供する日’として、第9回国際閉経学会において毎年10月18日を世界メノポーズデーとすることが採択され誕生しました。(※メノポーズ=閉経)
 今日日本女性の平均寿命は80歳を超えています。メノポーズの後、
約30年余、つまり人生のほぼ3分の1を私たちは女性ホルモンに守られて  
いた頃とちがった状態で過ごさなくてはなりません。特にメノポーズ前後  
約10年間の更年期は、女性ホルモン値(エストロゲン値やFSH値)の変化に
よる心身の様々な不調が出現し始める時期であり、この時期をいかに過ごすかは女性にとって大変重要な問題です。
更年期についての情報を一般の方に広く知ってもらうため、この度、日本女性医学学会は10月18日の世界メノポーズデーに合わせ、10月18日~24日までの1週間を『メノポーズ週間』といたしました。メノポーズデー週間設立4年目となります本年はポスターや新聞、プレスセミナーなどでの告知活動を行い、メノポーズ週間の認知を高めること、メノポーズに関する社会的な理解を深め、最終的には生涯を通じた女性の健康支援に貢献することを目的といたします。

2010年 「メノポーズ週間」の活動について
日本更年期医学会から日本女性医学学会と名称が変更して初めて開催される「メノポーズ週間」。<更年期についての情報を一般の方に広く知ってもらうとともに、社会への理解促進を目指した活動>の目的とともに、5年目となる今年度は「日本女性医学学会」という学会名の周知と名称変更した意義の浸透を目的として、以下の内容で活動を行います。

主催: 日本女性医学学会(旧:日本更年期医学会)

後援(予定): 厚生労働省、日本医師会、日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本看護協会、
日本薬剤師会、日本家族計画協会、NPO法人女性の健康とメノポーズ協会、
NPO法人21世紀ウイメンズヘルス研究会、NPO法人更年期と加齢のヘルスケア、
NPO法人Healthy Aging Projects for Women

協賛(予定): 久光製薬、メノポーズ・インフォメーション・ネットワーク(あすか製薬、資生堂バイエル製薬、久光製薬、ファイザー、ポーラファルマ)(五十音順) 他

2011年 「メノポーズ週間」の活動内容
期間:2011年10月18日(火)~10月24日(月)
コンセプト
これからの人生をバラ色にすごすためにパートナードクターを持ちましょう!
―ホルモン補充療法(HRT)はバラ色にすごすための選択肢です―

ポスターの制作、配布
『メノポーズ週間』のPR、婦人科パートナードクターに自分の更年期のケアについて相談することを呼びかけます。日本更年期医学会の会員を中心にポスターを配布、掲示をおこないます。
メノポーズ週間 プレス発表会の開催
メディアを通して「メノポーズ週間」の認知を高め、メノポーズに関する社会的な理解を深め、 2011年度メノポーズ週間の企画の発表、セミナーなどに取材を誘致すると同時に、「日本女性医学学会」の名称変更の意義浸透を図ります。
(日時:9月下旬~10月上旬(平日)午後を予定)



日本女性医学学会事務局
〒102-8481
東京都千代田区麹町5-1弘済会館ビル(株)コングレ内
TEL:03-3263-4035 FAX:03-3263-4032
このサイトについて
【広告】
Copyright(c) 日本女性医学学会 All rights reserved produced by FARO